正反対の性格だからこそ惹かれあう事も -ネウロ132話

DIRTY

第132話 愚【ばか】

このネウロという漫画において、キャラの死は大きな意味合いをもつと思います。
少し前までの弥子の今まで関わってきた人たちを紹介する『あの人は今』では、
皆それぞれの生活を送っています。
つまり、たいていのキャラは生きてはいるということです。
春川みたいに死んだキャラもいますが、ネウロとは無関係の状態で殺されました。
しかし今回の敵『シックス』はこれから人間達と闘うにあたってかなりの人数を殺すでしょう。
その中には既存のキャラが含まれていることは必至です。
『弥子の身近な人物がシックスに殺される』というフラグが立っている以上は仕方ありません。
もう既にアイがシックスの手で殺されてしまっているのですから。
悲しいけどこれ戦争なのよね…「人間」と「新しい血族」の!

■何勘違いしているんだ。まだ石垣のターンは終了してないぜ

お縄になってしまった店長。
その店長を慕っている店の常連達が情状酌量の余地があるはずだからと石垣に助けを求める。
ここで、常連達が石垣に頼んだのは庶民的感覚のある刑事が石垣だと思ったからでしょう。
真面目な等々力にはそんなこと話せる雰囲気ではないですし、笹塚だって普通の刑事。
刑事に話しかけるのって結構緊張するもので軽々しくできるわけではないと思うんですよねぇ。
その点、石垣は軽い性格ということで普通に話しかける刑事さん。
そんなわけで、皆からの意見を集められたということですよね。
常連達の熱意を知って、

魔人探偵脳噛ネウロ132話

石垣は自分から店長の調書を作りたいと名乗り出ます。
普段は怠けているけど、やる時はやるという男になればかなりカッコイイですよねぇ。
今までは、怠けの部分しか出ていませんでしたが…。

ところで、

石垣「それはそうと最近のうらぎり君つまんないスよ!!テコ入れとか必要なんじゃないスか?」
蛯原「ええ~ズバリ言うね。自分でも気付いてるよそんなモン」

結局、忠実!!うらぎり君は何だったんでしょうか…
それにしても、作者を前にして『最近はつまらない』とか言えるのは石垣だからですよね。
いくらファンとはいえそんなはっきりいうなんてこと普通はできませんよ。

■正反対

笹塚が等々力に教えたかったのは、世の中には色々な奴がいるということでしょう。
笹塚と笛吹みたいに性格が正反対のパターンもありますが、仲良くやっています。
正反対だからこそ惹かれあうというのはよくある話です。
お互いが自分が持ってない部分に惹かれるということでしょうねぇ。
そういう意味では今回の等々力と石垣は正反対。両極端ですよ!
で、130話レビューのコメントで頂いたんですが『笹塚は真面目であり不真面目でもある』。
真ん中に調整役の笹塚がいて非常にいい3マンセルではないかと思いますね。
そして話を聞いて納得した等々力は、

魔人探偵脳噛ネウロ132話

石垣に対抗心を燃やしちゃいました!

■シックスの動向

シックスは、人間の作った文明を残しつつ人間だけを絶滅させたいと考えています。
大規模な戦争になれば建造物は兵器の使用により跡形もなく消し飛ぶでしょう。

魔人探偵脳噛ネウロ132話

DRと呼ばれていた男が動き出す。
彼はたしか、ネウロを迎えにいった時の運転手だった男ですよね。
ついにシックスにより攻撃がはじまるのでしょうか。来週からますます楽しみですねぇ。



画像(C)松井優征 / 週刊少年ジャンプ


魔人探偵 脳噛ネウロ 1
魔人探偵 脳噛ネウロ 1子安武人

VAP,INC(VAP)(D) 2007-12-21
売り上げランキング : 1030

おすすめ平均 star
starおいしい顔ってどんな顔?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あにめも!~深夜アニメチェック&ランキングサイト~

関連記事
新着特集記事
TRACKBACK
Twitter
COMMENT