報われない百合漫画を買って来ました -ささめきこと

ささめきこと 1 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)

■百合

「どうして女の子同士で愛し合っちゃいけないのかしら」

どうしても何も…生物の理念に反するからです。
でもそんなのは建前で、恋愛は個人の自由です。いやカップルだから個人じゃないのかな。
この『ささめきこと』は百合漫画であることは確かなのですが、世界観的には現実に近いもので、
女の子どうしのカップルが普通にいるというわけでもなく、女の子どうしの恋愛の難しさ、
そしてその報われなさ、女の子の黒い部分等も見え隠れしている非常に興味深い漫画でした。

■風間

とにかく、かわいい女の子が大好きな女の子。彼女の名前は『風間汐』(以下、「風間」)
最近のターゲットは、図書委員の先輩。
その先輩は普通に同級生に好きな男の子がいたのですが、その男の子が風間の事を好きという
事実をしって、風間に対して逆恨みのような感情を抱いてしまうわけなんですよ。
大粒の涙を流し、蔑んだような目で風間を見る先輩。
これが女の子の汚い部分。裏の本性とでもいいましょうか。
率直な私の感想は「おお怖い怖い!」でした。女の子って男の子の数倍腹黒いとか、
女の友情はありえない…と極論が言われますけど、確かにそういう面を持っているのです。

さて大好きな先輩に嫌われて逆恨みされた風間も一人泣いていました。
そんな時、風間を抱きしめたのは、親友の『村雨純夏』(以下、「すみ」)でした。
友達が泣いている時は一緒に泣いてあげる…これが本当の友達というものなのでしょう。
百合…ではないのですが、女の友情をかいま見れました。
仲良く手を繋いで帰る2人。そして、

「ずっと友達でいてね?」

と、話す風間。普通なら素晴らしい友情だと思うところなのですが、そうじゃないのです。
隠してはいますが実は、すみは風間の事が好きだったのです!
この言葉が、どれだけすみの心に突き刺さったかと考えるとかわいそうで耐えれません…。
友達はどこまでいっても友達。恋人には発展しないことを彼女は知っています。
だからといって、友達に好きと伝えたら…

ささめきこと

結果がどうあれ、もう友達ではいられなくなってしまうのです。
今の関係さえ崩れてしまう恐怖…。でも友達では終わりたくないすみ。
この葛藤は非常に心苦しい物ですねぇ。

■やっぱり報われない

さて、次に風間が目をつけたのはファッション雑誌に載っていた読者モデルの女の子。
その女の子が一波乱呼ぶんですが、それはちょっと置いておきます。

今回注目するのは、すみです。
長身で、運動神経抜群で、成績は常にトップのスーパー女の子でした。
これがもし男の子だったら凄くもてていたことでしょうねぇ。
でも、すみはかわいい女の子に憧れる乙女。
『背が低くて、ちょっとドジっ子で、思わず守ってあげたくなる女の子』…本当はそういう風に
なりたかったのです。なぜなら、風間が好きなのはそういう女の子だからです。
そんな時、不意に

ささめきこと

すみのことをかわいいという男の子が現れるのです。彼の名は朱宮君。
大方の予想通り、朱宮君はすみのことが好きだったのです。
すみは、『かわいいと言われた事』だけを考えて、自分にも風間に好かれるチャンスがあると
思い込みます。別に『朱宮君が自分に気があるんじゃないか』とは考えませんでした。
すみの中には風間しかいないのです。好きな人一直線になっている人間って周りは見えなくなって
しまうものなんですよねぇ。

さて、冒頭で話した読者モデルの女の子の話です。
実は彼女の正体は、女装した朱宮君だったのです!
すみのことが好きな朱宮君。(女装した)朱宮君のことが好きな風間。風間のことが好きなすみ。
あぁ…報われない恋ってどうしてこんなにも物悲しいものなのでしょうか。
でもこの『ささめきこと』は、報われないながらも決して暗いイメージではないところが
いいんですよ!
女の子が好きな風間。その風間を好きな女の子すみ。しかし、すみのことを親友と思っている風間。
どうしても、すみには幸せになってほしいと感情移入をしてしまう…そんな漫画でした!

画像(C) いけだたかし / メディアファクトリー

あにめも!~深夜アニメチェック&ランキングサイト~

関連記事
新着特集記事
TRACKBACK
Twitter
COMMENT