目を背けてはいけない問題に迫る -いじめ-生き地獄からの脱出

いじめ-生き地獄からの脱出 (ちゃおコミックス)

たまにはこういう漫画も紹介しようかと思います。

■社会問題

タイトルから一目でわかる内容『いじめ』。
現代社会の大きな問題の1つです。何が問題かって何が問題かがわかりにくいこと。
当人達だけではなく、彼等を取り巻く環境にも大きな問題があるのです。
武富健治先生の「鈴木先生」も結構エグい内容を題材としていてとても興味があったのですが、
この『いじめ』もかなりエグい内容となっています。
内容はというと、4つの短編集が収録されています。

・裏切りの放課後
・あやまちの行方
・消えない傷痕
・闇の声

タイトルだけ見てもなんとなく雰囲気がわかっていただけるかと思います。
脅迫・裏切り…そして学校裏サイト等、様々ないじめの原因が描写されていました。
今回はその中の1つ『裏切りの放課後』をピックアップしてみました。

■勉強というプレッシャー

主人公の女の子『麻美』は、とある塾に通っていました。
その塾の麻美が在籍するクラスの掟…それは、週に1度行われるテストで最下位をとった者は、
『ドレイ狩り』と称してみんなにいじめられるというもの。
塾の講師は見て見ぬふり。何故か。
このルールが存在することによって、誰もが最下位にならないように必死に勉強する。
そんなわけでこのクラスは、他のクラスよりとびぬけて成績がいいわけです。
脅迫するように子供に勉強させようとする親。成績をあげたという実績を作るためなら、
多少の問題(勿論子供にとっては大問題ですが)に目をつぶる塾講師。
この大人たちも立派ないじめの加害者の1人です。

■一番怖いのは孤立すること

子供達が一番恐れるのは集団の中で孤立することです。
いじめっ子(多数派) と いじめられっ子(少数派) に分かれてしまった時、
わざわざ少数派に回るようなことはしたくないはずです。
さて、麻美は恐れていたテストの順位最下位になってしまいます。

いじめ~生き地獄からの脱出~

裏切り
自分までいじめられたくないから…それが本音でしょう。
いじめによって麻美の精神はずたぼろに堕ちていく…誰も助けてはくれない。
自分がいじめられていることを告白した親でさえ助けてくれない。仕舞いには
「いじめられているあなたにも原因があるんじゃないの!?」とまで云われてしまいます。
こんな生き地獄はない。心の支えがない。生きたここちがしない。
もし同じ状況におかれたら死にたいと思う人もいるでしょう。
麻美は、こんな状況になった塾のみんなや親を憎みます。

「絶対に許さない」

彼女は、ずたぼろになった精神を復讐という力に変え猛勉強をするのです。
そして彼女は次のテストで1位をとります。最下位になったのは麻美を裏切った友達。
彼女は麻美に助けを乞いますが、麻美は今までされた仕打ちを絶対に許そうとはしませんでした。
それどころか麻美は率先していじめをするようになるのです。
そう…これがいじめの連鎖というものなのでしょう。
憎しみは憎しみしか生まない。復讐は新たな憎しみを生むのです。

■憎しみの連鎖を断ち切れ!

親の心子知らず。子の心親知らず。結局はそれでした。
自分の親と心を通じ合わせる事が出来た麻美は憎しみの塊だった自分から目を覚まします。
いじめられたことがある本人は、それがどれだけ辛いか知っているのにいじめられたことへの憎しみ
が新たないじめを生むことがある。
しかし、彼女はそれが間違っていると気づくのです。
憎しみの連鎖を断ち切るには自分が強くならないといけないと。

いじめ~生き地獄からの脱出~

いじめから生まれる(プラス要素的な)ものはない。マイナス要素ならいくらでもありますが。
そんなわけでエグい内容ではありますが、面白かったです。
なぜいじめはなくらないのか、新たないじめを生む原因は何なのか、なぜ子供はいじめをするのか、
いじめは子供達だけの問題じゃないのではないか等を暗に読者に語りかけてくる内容でした。
それにしてもこれがちゃおコミックとは…。

画像(C) 五十嵐かおる / 小学館

いじめ-生き地獄からの脱出 (ちゃおコミックス)
いじめ-生き地獄からの脱出 (ちゃおコミックス)五十嵐 かおる

小学館 2008-04-01
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あにめも!~深夜アニメチェック&ランキングサイト~

関連記事
新着特集記事
TRACKBACK
Twitter
COMMENT
1.名無し

そーゆーことができるのは何万人に一人くらいしかいないだろ。
いじめは未来永劫0になることはない。

2008年05月17日 19:29
2.jojo

ももち麗子シリーズで、いじめをされる側から、する側に回った少女が、今いじめにあっている少女に言われる言葉がある。

私はアンタみたいにいじめをする側には絶対ならない。
いじめをすることは、一生の汚点だよ!


…いじめをするのは恥。そのことをもっと多くの人が気づいてくれれば…

2008年05月17日 22:56
3.h

私が子供の頃は「自分より弱いヤツを攻撃するのはクズのすることだ」という考え方が結構残っていて、いじめてる連中にも「我ながらイマイチかも」という気持ちが少なからずあった。

これ、もっと教育の場で繰り返し伝えて欲しいんですけどね・・・

2008年05月18日 15:45
4.名無し

ちゃお、だからこそ、描く内容では、
自分がこどものころは、大人が諭したものですがー。

2008年05月19日 08:53
5.   

良かった、やっぱ復讐するのやめといて。
50人に一人ぐらいはいる、やめられる奴。
先輩風吹かせない先輩と同じぐらい少ないし、トータル2%ぐらいだけど。
2%って、広告チラシの反響と同じパーセンテージだそうな。

2008年05月19日 11:39
6.ミルト

>>1
大事なのは、いじめの原因が子供達以外にもあるということだと思うんですよ。

>>jojoさん
今回の話は、誰でもいじめる側になるし、いじめられる側になりうるということなんですよね。

>>hさん
確かにその通りです。でもどうしても人間は自分より弱い存在を認めて安心したいっていう気持ちがあるんですよね。

>>4
明日からちゃおを毎回買おうと思います(`・ω・´)

>>5
自分が先輩に受けた仕打ちを後に自分の後輩にやってsまうというのはありがちですね(ノ∀`)

2008年05月20日 02:07
7.名無し

いじめは社会の問題だと思っている。でも、これを起こす社会的な原因は何か?

2008年12月02日 15:52
8.名無し

てかまず、五十嵐かおるさんの絵が好きくなれないw

2010年04月22日 19:13
9.愛榮否地(あいえいいなち)

あたしも五十嵐かおるせんせ~ の 持ってる!!おもしろいんだよなあ~~!!つぎのいじめの本、買いたいな!!

2010年08月31日 21:45

Sick! Just acquired a brand-new Pearl and I can now read your blog on my phone’s browser, it didn’t do the job on my outdated one.

2011年03月29日 03:25