魔法幼女はずっと子供のまま! -どきどき魔女神判!1話

チャンピオン RED (レッド) 2007年 10月号 [雑誌]

今回の購入特典として

どきどき魔女神判!

クリアファイルが貰えますよ(´ー`)

「お前はたった今神聖かつテキトーな抽選によって魔女神判に選ばれた西村アクジ」

もうなんか細かい事を気にしないでこういう簡単な説明で許されるのは魔女神判!だからこそ
なのだと思うのですよねぇ。
この展開にいちいち説明入れられても疲れちゃうだけですから。

では早速魔女を探しに行く事に!
最初の容疑者は、「赤井まほ」14歳。チアリーダー部に入っている普通の女の子。
でも異様に胸がでかい!
ルルが「みんな大好きロリ巨乳」
とかいっていますが、

ちょっと待ってください!

私はロリ巨乳は認めませんよ!
ロリ顔で巨乳ってそんなにいいんですか?
ロリと巨乳ってかなり別のベクトルを持っている個性じゃないですか。
相反する2つの個性があり、その両方を持つから素晴らしい!
という理屈も分からないでもないのですが
[美味しい料理2品を混ぜてもはたしておいしいか?]
という事と一緒で、この2つの同居について私はあまり理解できないのですよ。

放課後もルルと一緒に彼女を徹底的にマーク。
どうみてもストーカーです!
しかしよく見ていると、彼女が応援するだけで悪いものが良くなっている!?
なにやら魔力を持ってそうな雰囲気ですが、魔女がいいことするわけがないのです。

しかしそれでは神判できないから面白くないルル!
『超天使ヨーヨー』とやらで無理やり攻撃を試みるが、
赤井まほの『全方位マジックミサイルー』に反撃されてしまう!!
これは魔法か!?
とにかくここは仕切りなおし!事情を聞く為に場所を変えて…結局神判する事に…。

ロデオホーキ2
なんでも、このホーキは魔女に乗られることを極端に嫌がるホーキらしい。
ということは、このホーキに振り落とされたら魔女確定!
ホーキにまたがる赤井まほとアクジ…って何でアクジも?
と思っている隙にホーキは超スピードで空を飛び始める。
これは速い!

アクジ「ギャアアア!オレ高いとこダメなんだよおおお」
まほ「しっかりつかまってください」

じゃあお言葉に甘えてしっかり捕まっておきましょう!
凹凸の場合、凹の方が捕まりやすいのかもしれませんがあえて凸を!

どきどき魔女神判!

散々乗り回しましたが振り落とされる事はありませんでした…。
つまり、まほは魔女じゃない!
でも着地に少し失敗して、アクジがまほの胸に顔をうずめる形に!!
なんということを…
なんてうらやまs…いやいや、けしからん!
ロリ巨乳が好きになれないとか云っている場合じゃありませんでした!
しかし肝心のまほはというと…

どきどき魔女神判!

魔法が解けてしまった!?

どうやら彼女は魔法の力で自分の姿を変えていた、魔法幼女だったのだ!
魔法幼女!?
なんだそれは!?
なんでも、彼女達魔法幼女はずっと子供の体のままなのだそうです!
おおおお!素晴らしい(・∀・)
東方のレミリアとかパチェリーみたいなものですねぇ。 それにしてもルルがスカウターらしきものを出して

ルル「チッ魔法力たったの5 ゴミめ」

それなんてラディッツ?
魔法幼女は勿論魔女などではなくて、探しているのは「ゴッドマージョ」という存在なのだ。
そのネーミングセンセはいかがなものかと思いますが…。
というわけで、魔法幼女を仲間にして次週に続く…
というところなのですが、今までの一部始終を隠れてみている人物がいたのだった!
それはアクジの幼馴染の…

画像(C):八神健 / チャンピオンRED

あにめも!~深夜アニメチェック&ランキングサイト~

関連記事
新着特集記事
TRACKBACK
Twitter
COMMENT