いかにして格上の相手に勝つか -DSR6話

チャンピオン RED (レッド) 2008年 04月号 [雑誌]

第6話 解放

■戦いの準備

金本の本拠地へ打って出る健一、美優、まちの3人パーティ。
見るからに『いかにも』なふいんき(←何故か変換できない)を醸し出している洋館。
なんでしょう、このワクワク感!これはきっとRPGで敵の城に乗り込む時のワクワク感に 違いありません。
装備服はというと健一の提案で思いついた『組成召還で服を生成』というアイデアを生かしていました。
というか、そんなのスグ気付くと思うのですが…祓魔師って頭が固いのでしょうか。
あと、まちの乙女心って絶対おかしいですよね!どっかの成り上がり貴族みたいでした。

■見掛け倒し

金本の体内には5百以上のジェイルゴーストがいて彼を守っている。
しかもこの『ジェイルゴースト』は数秒で元通りに復活するスタンドらしい。
つまり、瞬時に5百以上のジェイルゴーストを破壊しないと本体を攻撃できないということ?
要はNARUTOのガアラの絶対防御みたいな物なのでしょうか…。
その後、健一を飲み込み自分のジェイルゴーストにしようと試みる金本の姿は、

デッド・ソウル・リボルバー

どうみてもセルでした!

結局健一という魔王の底力に逆に飲み込まれそうになってしまう金本…。
まちが組成召還した巨大岩石による攻撃を避けるので必死でした…。
「効かないって言ってんだろ!!!」といっている割には、避けるのに必死でした。

■透明になる金本

突然透明になる金本。何故今更透明になったのでしょうかね。
「効かないって言ってんだろ!!!」と云っていたのに今じゃどう考えてもただの強がりだとしか
思えませんね。それに気付いた健一がうまく鉄球を使って金本の動きを止めるのですが、
金本が最初から透明だったらフルボッコだったのに何故それをやらなかったのでしょうか。
ダイの大冒険よりラーハルトと対峙したミストバーンのこんな言葉があります。

「攻撃が当たらないお前と当たっても効果がない私。一見互角だが結果は火を見るより明らかだ。」

うろ覚えなので多少言葉は違うと思いますが、いいたいことはそういうことです。
当たっても効果がないなら避ける必要すらないはずなのです。

■頭を使え!

こういう物語でよくあることが、体力や戦力は乏しいけど知恵を振り絞って格上の相手に勝つという設定。 毎回敵の強さに瀕死になるけど、その強さから生じた油断や一瞬の隙を見つけ逆転勝利したり、 知恵をしぼった戦闘方法で格上に勝つという漫画は面白い物です。
勿論、どんな方法を用いて勝利するかがその設定の真価となるのであまりにも奇抜だったり、
ありえない設定だと楽しめないのですが、このソウル・デッド・リボルバーはうまく作られていると 思いますね。
そういう設定が顕著な最近の漫画と云えばジャンプのエムゼロでしょうか。

さて、今週は何故か故意にパンツが隠されていたようでサービスシーンがなかったわけですが、
美優のこの笑顔がかなりお気に入りです(´ー`)

デッド・ソウル・リボルバー

あと、今回もまちは活躍できませんでしたね…。
もはやボケ担当キャラなのでしょうか?w

画像(C) ともぞカヲル / チャンピオンRED

あにめも!~深夜アニメチェック&ランキングサイト~

関連記事
新着特集記事
TRACKBACK
Twitter
COMMENT