漫画家を目指す若者達の漫画

漫画家を目指す若者達の漫画

バクマン

今に始まった事ではないですが、漫画家をテーマにした漫画が面白い!
そのことを再確認させられた漫画はやはり『バクマン』です。
DEATH NOTEの黄金ペアが描く、ジャンプの漫画家を目指す少年達の物語。
原作者がガモウ先生だけあって好きなだけジャンプの作品が挙がっていたりします。
やはり「今のジャンプはガモウ王朝になっている」といわれるだけのことはありますねぇ。

バクマンは少年ジャンプに絞って漫画の話が出てきますが、
これは、新人がなかなかヒットしないジャンプだからこそ連載されている漫画のような気がするんですよ。
今ジャンプでは『アイシールド21』の村田雄介先生が漫画の描き方を教えていたりと、
とにかく、期待の新人をなんとか出そうとしているのがヒシヒシと伝わってきます。
一応フィクションということにはなっていますが、バクマンはジャンプの実事情をかなり暴露しています。
その辺に関しては、パンツの偉い人がまとめているので割愛します。

バクマン

「漫画家がテーマ」という話でしたがバクマンは漫画家を目指す少年達の物語です。
彼らはまだ高校生です。
ところで彼らと同じ高校生で連載を始める事になった女の子をテーマにした漫画があります。

初恋指南

初恋指南

その漫画こそ私が大好きな少女漫画家「やぶうち優」先生の『初恋指南』です。
女子高生の「南央」が漫画家を目指すという物語です。
彼女には、古くからのチャット仲間で漫画家の「みゅーず」がいました。
仲が良い2人ですが、その事を南央の担当編集者さんは気にかけていました。
何故かと言うと、
同じ雑誌の作家同士仲良くなりすぎると後で仕事のことが原因で気まずくなったりしないかというのです。
今は漫画家と漫画家の卵という上下がはっきりとした関係ですが、
南央がデビューしてしまえば、同じ土俵の上に立つ事になるのです。
そればかりか、もし南央の漫画の方が人気になってしまったら立場の逆転なんてこともありえます。
そんなことになればみゅーず先生は内心穏やかではなくなる...という編集者の危惧です。
後から入った後輩が自分より先に出世するみたいな感覚でしょうか...。
つまり、『ネギま!』の赤松先生と『絶望先生』の久米田先生くらいが丁度いいってことですね!

ところで初恋指南では、漫画家のタイプわけをしています。
これはバクマンでも行われていたので比べてみてみましょう。
まずはバクマンですが、
・心の赴くままに傑作を生み出し続ける天才タイプ
・計算で世の中の流行を読み、ヒット作を探り当てる計算タイプ

そして初恋指南では、
・天性の才能や運に恵まれてるタイプ
・努力と根性でチャンスをつかみとっていくタイプ
・努力を努力と思わないタイプ

となっています。
下2つは、仕事をどれだけ好きかっていうタイプ別なので同じと考えると、
天才タイプと努力タイプに分けられます。
これって結局バクマンでいう天才タイプと計算タイプと同じなんですよね。
計算(努力)タイプは「どうやったら人気が出るのか」を必死に勉強して努力して描いて行くタイプでしょうから。

他にも色々あるよ

漫画をテーマにした漫画が面白い!ということで色々取り上げてみようと思ったのですが、今回はここまで。
他にも、『マンガ家さんとアシスタントさんと』とか『キャノン先生トばしすぎ』とか『青春少年マガジン』
とかあったのですが、長くなりそうなのでそれは(多分)次回に。

画像(C) 小畑健・やぶうち優 / 集英社・小学館

バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
小畑 健

集英社 2009-01-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
初恋指南 1 (1) (ちゅちゅコミックス)初恋指南 1 (1) (ちゅちゅコミックス)
やぶうち 優

小学館 2008-11-28
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あにめも!~深夜アニメチェック&ランキングサイト~

関連記事
新着特集記事
TRACKBACK
Twitter
COMMENT
1.神無月

> 努力を努力と思わない
これは、天才を描く作家”曽田正人”も常々言ってますけど、努力家ではなくある種の天才だと思います。
すごい努力をしてるけど、それを努力と思わず当たり前にできる人──というのはすでに努力家なのではなく才能なのです。

また、こういうタイプは普通「仕事が好き」なのではなく「好きなことが仕事になってる」ものです。
この2者は傍目には似てるようですが、根本的に異なるものだと思います。

なお、バクマンで語られる2タイプの漫画家は、才能か努力かではなく「自分の好きなものをひたすら描く人」と「周囲に状況や意見に合わせて自分を殺して描くタイプ」という、発想のあり方を示すものですから、初恋指南で言う3タイプとは根本的に異なる分類方法だと思います。
努力家でもひたすら好きなものしか描かない人は多いですし、才能ある人でも周囲に迎合した作品を描いてヒット作を飛ばす人、むしろ流行をキャッチすることに秀でた才能を持つ人、は多いです。

また根性で仕事を掴み取る人には、そもそも漫画でない、小さなカット描きの仕事などから地道にコネを作って編集者との縁を築き上げていく人なども含んでいると思います。
これは単なる努力とは異なるし、本来好きな仕事であるはずの漫画を一時断念してまで頑張ってる姿だと思いますので、あえて努力をひたすら続ける人とは区別されてるのではないでしょうか。
個人的には、長くアシを続けて漫画家を目指す人などは2番目の「努力と根性」型であって、決して「努力を努力と思わない」タイプではないと思います。
本気で努力型の人は、(プロの仕事を覚えるため)短期的にアシをやることはあっても、基本的には自分の漫画にひたすら専念する人だろうと思います。

2009年02月02日 21:18
2.ミルト

>>神無月さん
> 努力を努力と思わない云々
「仕事をどれだけ好きかっていうタイプ別なので同じ」という少々曖昧な表現をしてしまいましたが、云わんとしている事は同じです。
偏見かもしれませんが、「漫画家」という特殊な職業になる人は少なからず漫画を描く事が好きと勝手に思っていていたりします。勿論例外もあるでしょうけど…。

>タイプ別云々
これは、天才型(好きなもの描けば自ずと売れる)と計算型(人気が出るものを読みきって売れるものを描く)の区別ですが、確かに必ずしも才能がある人が前者のタイプではないという話ですね…。

>努力云々
漫画家になる一番の近道は何か?っていうのがよく議論されますが、結局よくわからないのですよ。
「アシスタント歴は将来の糧になる」という人もいれば、
「アシスタントなんてするべきではない」っていう人もいますし、実際アシスタント歴なしで漫画家になる人もいればそうでない人もいっぱいいるんですよね。

どうやって漫画家になっていくのかというのはそれだけで興味があるものなので、漫画家を目指す漫画が面白い理由がそこにあるのかもしれません。


2009年02月03日 00:59